【海外】ユースホステルは危険なのか?安全面とメリットを解説!

ユースホステルとは日本でいうところの民泊みたいなもので、基本4~10人くらいの相部屋で寝泊まりするホテルです。そういった部屋を海外ではドミトリールームと呼んでいます。

発祥はドイツで、海外ではごく一般的なホテルで、特徴はとても安価に宿泊できることです。

そこで気になるのが安全面だったり、他人と同じ部屋で泊まることへの不安ではないでしょうか?

僕は今まで約20ヵ国を旅し、泊まったユースホステルは100軒を超えています。そこで感じた事や、どういった点に注意するべきかをご説明します!

 

海外のユースホステルは危険なのか?

実はとても安全です。理由は以下です。

 

  • チープなホテルでも何かあればホテルの責任
  • 意外とわきまえている人が多い

 

 チープなホテルでも何かあればホテルの責任

割とどこのホテルでも箇条書きで注意事項とかがバーっと書かれています。

チェックイン時に目を通してねって言われるホテルや、何かあった時、最悪罰金がある場合もあります。

海外特有のラフさはあるものの、問題が起こった時もホテル側がしっかり対応してくれます。

なので意外と安全面は担保されています。

 

安い=適当ではない

ユースホステルと言えば「雑多でちょっと汚い」というイメージをお持ちかもしれませんが、全てがそうではありません。下手をすれば普通のホテルより綺麗なホテルもあったり、スタッフの対応も非常に良いホテルもあります。

 

貴重品はホテル側が補償してくれない

注意点はこれで、大体のユースホステルは補償してくれません。

ですがこれもそう難しいことではなく、大体のホテルでロッカーが一人につき一つ割り当てられているので、そのロッカーに貴重品を入れて南京錠をかけておけば良いのです。

南京錠は借りる事は出来ないので持参するのがベターです。

キャリーケースもロックがかけられるものをチョイスし、シャワールームに行かれるときには貴重品、パスポートをもって入りましょう。

 

余談ですが、実は僕はこれらの事をそんなにきっちりするタイプでは無いですが、一度も物を取られたことはないですね…。

その辺りのリスク管理は個人個人の裁量で行ってもらえれば良いでしょう。

 

女性は危険ではないか?

僕がオススメするのは、女性専用ルームを使う事です。

ユースホステルでは女性専用の部屋を用意していることは珍しくはなく、そこを使えば安心です。

万が一、男女共用の部屋になった場合でも一度ホテルスタッフに尋ねても良いと思います。その点はホテル側も配慮してくれる場合が多く(ホテル側もトラブルを避けたい)満室等でない限り、要望は通りやすいと思います。

ホテル予約サイトなどでも共用ルームか女性専用ルームかは明記してくれている所が多く、予約の段階で確認できます。

 

僕は何度か女性と同部屋になったことがありますが、トラブルになったこと、見かけたことはありません。むしろいい感じでお互いに気を使います。

ただもしかしたら、性欲満載のボーイズたちがムラムラしている可能性もやっぱりあるので、女性専用を使うのがやはり無難かなと思います。

 

 意外とわきまえている人が多い

いやいや外国人がそんな事ある!?とお思いかもしれませんが本当です。

ルーム内は静かにしてくれますし、電気を消すときに一声かけてくれたりします。

ルームメイトという意識がやはり多少あって、気を使ってくれる人は多いです。そういった所から仲良くなれる場合もあります。

 

たまにイカれたやつはいる

やっぱりいなくは無いです。こればっかりは運次第かなとは思いますが、わりと稀なケースです。僕も数える程しか遭遇したことは無ありません。

念の為、耳栓は一つもっておいた方が良いでしょう。

 

ユースホステルのメリット

メリットは2点です。

  • 宿泊価格
  • 人との出会い

 

 宿泊価格

言わずもがなですが、価格ですね。めちゃくちゃ安いです。

パリやローマでも一泊10ユーロ(約1200円)なんてのも全然ありますし、東南アジアでは下手すれば300円くらいで一泊出来たりします。

ホテルがキレイでスタッフも優しい「当たり」のホテルだと得した感はんぱないです。

 

 人との出会い

僕が声を大にして言いたい事は、人と交流が生まれるという事です。普段なかなか外国人と仲良くなれる機会ってありませんが、ここではナチュラルに出会えます。なにも異性と、というだけの話ではありません。

ルームメイト達と自然に挨拶をし、共有スペースでは会話が生まれ、朝食をがっついている時でも話しかけられることもしばしば。その後、仲良くなって飲みに行くなんてこも珍しくないです。

もちろんそういった人たちと出会えるかどうかはタイミングにはよりますが、これらの経験はしようと思ってもなかなかできる事では無いので、より海外旅行感を味わうことが出来ます。

 

ユースホステルの予約の仕方

ではそんな海外のユースホステルですが、どうやって予約するのか?

これもとっても簡単で、普通にホテル予約サイトなどで予約することができます。

具体的には

これらは外資系ホテル予約サイトで、こういったサイトで予約される方法が最安値であることが多いです。

 

日系ホテル予約サイトでおすすめなのがこちら。

ですが、海外のホテルの予約に限っては現状は、やや外資系ホテル予約サイトで予約した方が値段は安くなる印象です。楽天トラベルではもちろんポイントを使う事も出来ますので、そういった点を加味して予約されても良いでしょう。

 

こちらはホテル料金を一度に比較できる「比較サイト」ですが、こういったサイトでは最安値ではない事が多々あります。比較してるのになんで??と思われるかもしれませんが、これはタイムセールやデイリーセールなど、セールに対応していないためと考えられます。

比較サイトにも強みはありますが、海外ホテルの予約という点においてはあまりおすすめではありません。

 

比較検証

実際に比較検証してみました。

 

例として「タイのバンコク」でサイトの最安値のホテルを検索してみます。日程は2020年のゴールデンウィークです。

 

ページ上部の料金が低い順を選択してもらえると価格が安い順に表示されます。

基本上の方に挙がってくるホテルは除外していない限り全てユースホステルです。

最安値ホテルではゴールデンウィークにもかかわらず350円程で一泊できます。。

 

最安値は450円となっています。こちらも勿論同じ日程です。

 

ブッキングドットコムと比べると多少差があるかな、という印象です。

お値段が安すぎてちょっと感じにくいかもしれませんが(笑)

勿論、検索上位に挙がってきたホテルが違うので一概には言えませんが、最安値という面においてはブッキングドットコムが一歩抜けているかな?という印象です。

同じ条件、同じホテルでもサイトによって多少お値段は変わります。(為替の影響などもあります)

条件なども加味し、色々と見比べてもらう事でよりお得に予約することが出来ます。

 

まとめ

  • 安全面は担保されている
  • 貴重品の紛失は補償してくれない場合が多い
  • 宿泊価格が安い
  • 外国人とナチュラルに出会える
  • 予約は外資系ホテル予約サイトがおすすめ

 

海外のユースホステルの安全面とメリット、予約の方法について解説しました。

あまり日本人には馴染みが無いホテルですが、旅費を抑えるだけでなく、人との出会いや楽しめるポイントがたくさんありますので是非気になった人は利用してみて下さい。

1人でも、友達同士でも一度は体験してほしいです。素敵な出会いがきっとあります!

コメント