手持ちのスマホを海外で使う方法4選!タイプ別のおすすめも紹介

海外でスマホを使いたい人

「今度の旅行で自分のスマホを使いたいんだけど、海外でどうやったら使えるの?簡単に安く使う方法ってないのかな~?」

こういった疑問にお答えしたいと思います。

キチンと設定する部分だけしてしまえば難しい事は無いので安心してください。

 

 この記事の内容

  • 海外でスマホを使う方法
  • タイプ別のおすすめ使用方法

 

1.海外でスマホを使う方法

その方法がこちらです。

  • なにも対策をしない(現地のWi-Fiのみを使う)
  • キャリアの国際ローミングを使用する
  • Wi-Fiルーターを利用する
  • プリペイドSIMカード(使い捨てSIM)を使用する

 

 何も対策をしない(現地のWi-Fiのみを使う)

利用料金 無料
便利さ・快適さ やっぱ不便
手続きにかかる時間 無し

僕はもっぱらこれです。

海外ではフリーWi-Fiが結構多いので案外これでも行けます。ただ、ふとした時に調べ物が出来なかったり、googleマップが使えないとかはやっぱり不便です。

 

注意点

後述しますがキャリアによっては国際ローミングが使えます。国際ローミングとは簡単に言うと海外へ行った際も、電話番号はそのままでスマホを使えるサービスです。

これが有難迷惑なことに、海外に着いたとたん現地の電波をキャッチし、自動で国際ローミングに切り替わる場合があります。これに気づかずアプリが自動アップデートをしたり、メールを受信したりするとパケットを使用してしまい、請求が発生するという仕組みです。

これを回避する方法はとっても簡単で、スマホの設定データローミング機能をOFFにするか渡航中ずっとフライトモードにしておくことです。

必要が無ければ渡航前にデータローミングをOFFにしてしまいましょう。

 

 キャリアの国際ローミングを使用する

利用料金 めっちゃ高額
便利さ・快適さ 快適
手続きの難易度 簡単

キャリアごとに海外で使用できるプランが用意されています。(格安SIMには無い物もあります。)

(出典:docomo)

docomo・softbank・auは契約プランが数種類あり、1日980円~2980円となっています。

こちらの最大のメリットは国内と同じように通話ができるところです。

国際電話になるので、かける方もかけられる方も料金はかかってしまいます。

どうしても海外で電話をしなければならない方は残念ながらこちらの方法1択となります。

 

注意点

【パケ死】という言葉をみさなんは聞いたことがありますか?

これは昔のガラケーなどで定額制プランがなかった頃にウェブサイトを閲覧しすぎた場合や、海外で定額だと思っていたのに実際は利用分全額パケット代がかかっていてハチャメチャな金額を請求される事です。

一昔前の事でしょ?と思われた方もいるかもしれませんが、2016年リオ五輪の際に、体操日本代表の内村航平選手が「ポケモンGO」をダウンロードし、使用されていたのですがそのパケット請求額が50万円にも上ったそうです。(出典:日刊スポーツ

原因は契約キャリアの海外プランがブラジルに未対応だったことで自動に適応されるはずだった定額プランが適応されなかったようです。

こういったイレギュラーな場合もありますし、そもそも契約しなければ使えないキャリア・プランもあります。国際データローミングを使用される方は必ず公式サイトで確認をしましょう。

 

 Wi-Fiルーターをレンタルする

利用料金 標準
便利さ・快適さ 快適
手続きの難易度 標準

契約会社によってはプランや渡航先にもよりますが、1日600円くらいからでも借りれるものもありますが、ぶっちゃけ実用的な範囲で言うと1000円~という感じです。

ルーターを借りる1番のメリットは多人数であればグっとお値段を抑える事ができます

というのも1つのルーターで5、6人くらいまでなら普通に使用する事ができるからです。仮に1日1000円のルーターを友達4人で借りてシェアすれば1人当たりの値段は1日250円に抑えることが出来ます。

受け取り方法も空港で手続きができたり事前にネットで申し込んで自宅まで宅配してくれるなど様々あります。

国際ローミングよりは間違いなく安くつくので、お値段と手間を加味して考えてもらえれば良いと思います。

 

注意点

こちらも念のためデータローミングをOFFにした方が良いです。

理由はキチンとWi-Fiの設定が出来ていたとしても何かの拍子でWi-Fiが外れてしまう場合があります(みなさん何かしら経験があると思います)。その場合前述した通り、現地の電波をキャッチしてしまいパケットが掛かる恐れがあるからです。

 

 プリペイドSIMカードを使用する

利用料金 安い
便利さ・快適さ 制限はあるが快適
手続きの難易度 設定がやや面倒

プリペイドSIMとは、初めから容量(ギガ)と使用できる日数が決まっている使い捨てのSIMのことです。

買い切りですので余分な料金がかかることも無く使いすぎる心配もありません。旅行日数にもよりますが、海外で最安でスマホを利用する事ができます。短期の旅行など見通しがたっている場合はこちらがおすすめです。

 

注意点

基本通話はできません。

物によってはSIMフリーのスマホでなくても使えるものもあるのですが、基本はSIMフリーのスマホでしか使用できません。(タブレットやWi-Fiルーターで使えるものもあります)

更にSIMを挿し込めばすぐ使えるというわけでも無く、開通(アクティベーション)設定をしなければなりません。付属の説明書が付いているのでそれに沿って行えば難しくは無いのですが、それ自体が多少面倒ではあります。

海外現地で行うより、利用期日は1日減ってしまいますが、出発の前日に開通手続きをされる方が無難です。

 

2.タイプ別のおすすめ使用方法

更に掘り下げていきます。ここまでのまとめは

  • なんとかなるなる!という方・・・何も対策をしない
  • 渡航先で電話がしたい、お金は気にしないので面倒を避けたい方・・・キャリアの国際ローミング
  • グループや家族、個人でも安くつけたい方・・・Wi-Fiルーターレンタル
  • とにかく安くしたい方・・・プリペイドSIMカード

 

なんとかなるなる!さんはここで終了ですし、国際ローミングを使われる方もキャリアのホームページに飛んじゃってプランを検討して下さい。お疲れさまでした。

問題はWi-FiルーターとプリペイドSIMカードを検討されている方。

結論を述べますと多人数であればWi-Fiルーターで、個人ならプリペイドSIMカードです。おすすめをご紹介します。

 

 おすすめのレンタルWi-Fiルーター

1日最安値 670円~
対応国 200ヵ国以上
受け取り箇所 国内18空港、宅配便でも受け取り可
サポート 24時間メール・電話応対アリ
受け渡し手数料 500円+税
※現在キャンペーン期間中につき合計金額から1000円OFFでレンタルできます。

グローバルWi-Fiは一言で言うなら安定感です。東証一部上場企業で、トラブルに強くサポートが非常に充実しています。料金も比較的安いのが特徴です。

国内空港18カ所の受け渡しは他社と比較しても最多で、宅配での受け渡しも可能です。

回線事態も現地のものと同じものを使うことができるため安定しており、速度も速いためストレス無く使用できます。

電話・メール・LINEで24時間365日サポート応対があり、ちょっとしたことでも相談をすることが可能です。現地スタッフによる現地対応もあります。

色々なところにキチンと手が届いている印象でストレスなく使用する事が出来ます。

初めての方にも慣れている方にもおすすめできるクオリティです。

 

 

1日最安値 680円~
対応国 200ヵ国以上
受け取り箇所 国内6空港、宅配便でも受け取り可
サポート 24時間メール・電話応対アリ
受け渡し手数料 500円+税

1番のメリットは価格の安さです。

もともとの価格も低めに設定されていますが、割引キャンペーンが豊富に用意されており、中でも早期予約の早割は常時行っていて最大20%OFFで使用できます。最安国であれば540円~利用できることになり業界最安値となります。

出発から2日前の17時までのキャンセルは無料ですので、早めに申し込んでしまっても安心です。

1点ネックなのが受け取れる空港が限られている所です。

  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

上記の計6カ所となっています。この空港を利用できない方であれば宅配での受け渡しになります。別途で費用がかかったりはしないのですが、事前の受け取り希望の場合は1日につき450円+税がかかってしまうので、その点には注意が必要です。

価格面では非常に魅力的なので学生さんのご旅行等にもおすすめです。

 

 おすすめのプリペイドSIMカード

使用可能期間 15日間
容量 4GB
※4GB超過後も低速(128kbps)にて使用可能
使用可能端末 SIMフリースマホ
タブレット・Wi-Fiルーター
使用可能国数 ヨーロッパ・アジアを中心とした約70ヵ国
対応SIM形状 mini・micro・nano
取扱説明書 日本語表記アリ

欠点らしい欠点が無く渡航先が対応していればまずおすすめしたいSIMです。

4GBで15日間使用というミドルスペックのような立ち位置で、4GB超過後も期間内であれば低速ではありますが使用する事ができるという点は非常に使い勝手が良いです。

スマホだけで無くタブレットやWi-Fiルーターでも使うことが出来るのも高ポイントです。

ヨーロッパやアジアだけでなくアメリカやオーストラリアなども対応しています。

 

使用可能期間 8日間
容量 3GB
※4GB超過後も低速(128kbps)にて使用可能
使用可能端末 SIMフリースマホ
タブレット・Wi-Fiルーター
使用可能国数 アジア17ヵ国
対応SIM形状 mini・micro・nano
取扱説明書 日本語表記あり

先ほどのアジア専用版で、期間と容量が減りましたが、その分お値段は半額以下になっています。

期間的にショートステイ向けとなっていてアジアへの短期の旅行などではベストなSIMです。

 

使用可能期間 1ヵ月・3ヵ月・12ヶ月
容量 1GB・3GB・12GB
使用可能端末 SIMフリースマホのみ
使用可能国数 ヨーロッパを中心とした48ヵ国
対応SIM形状 mini・micro・nano
取扱説明書 日本語表記あり

1ヵ月1GB・3ヵ月3GB・12ヵ月12GBの3種類があり、比較的使用できる期間が長いことと価格が安い点が特徴です。

デメリットはイギリス以外では速度が3Gか2Gになってしまう点です。

ヨーロッパ一周旅行など長期で滞在される方にはおすすめですが単純なヨーロッパ旅行では【AIS】ヨーロッパ・アジア周遊プリペイドSIMカードがやはりおすすめです。

 

使用可能期間 5日間~最大120日間
容量 無制限(使い放題)
使用可能端末 SIMフリースマホのみ
使用可能国数 アメリカ・ハワイのみ
(アラスカ、グアムは対象外)
対応SIM形状 mini・micro・nano
取扱説明書 日本語表記あり

MOST SIMはアメリカT-Mobileの正規代理店で、 T-Mobileの純正回線を使っているで回線が高速で安定しています。​

アメリカ・ハワイ限定ですが容量は無制限で、更にアメリカ国内であれば通話やSMSも発/着信し放題です。

使用期間別で選べますし、そのわりにお値段もお手頃ですので非常にコスパがいいです。

 

使用可能期間 7日間
容量 3GB
※3GB超過後も低速(384kbps)にて使用可能
使用可能端末 SIMフリースマホ
タブレット・Wi-Fiルーター
使用可能国数 タイのみ
対応SIM形状 mini・micro・nano
取扱説明書 日本語表記あり

上記でご紹介したAISのタイ専用プリペイドSIMです。3GBを使いきった後は低速にて使用可能です。しかもこのタイプだけ384kbpsなのでそこまでストレスを感じません。

※大手3キャリアなどの一般の速度制限時の速度は128kbps

更になぜか無料通話が付属しており、タイ国内であれば100分日本への国際電話の場合は約15分程電話が出来ます。

それでいて執筆時点ですが、お値段が460円となっています。最強すぎます・・・。

タイへ短期旅行へ行かれる方は他を検討する必要は全くありません。

 3.まとめ

  • 国際ローミングは簡単だがとても高額
  • レンタルWi-Fiルーターはそこそこ安価。多人数だと尚更GOOD
  • プリペイドSIMカードは開通手続きが面倒だが最安値

国際ローミングは高すぎるので、レンタルWi-FiルーターかプリペイドSIMカードをうまく使って節約してもらえたらと思います。

同行される方がいる場合このあたりは口頭で説明するのは難しいと思うので、この記事をシェアしてもらって検討してみて下さい。それでは!

コメント