変換プラグ・変圧器って何?海外で必要な理由とオススメをご紹介!

海外旅行へはスマホやカメラなどの電子機器類をたくさん持っていくと思います。

ですが、外国では日本とコンセントの形状や電圧が違う場合がほとんどで、それらを使用・充電するには変換プラグや変圧器が必要という事をご存知でしょうか?

ホテルは意外に変換プラグ・変圧器の貸し出しをしている所は少なく、これを知らないと渡航先でスマホが充電できない!なんてことにもなりかねません。

この記事では変換プラグ・変圧器がなぜ必要なのか?という事を解説し、おすすめ変換プラグ・変圧器をご紹介します!

 

1.変換プラグ・変圧器の仕組み

日本と海外ではコンセント(挿し込み口)の形状が違います。

日本のプラグはAタイプと呼ばれていて、線が縦2本のタイプです。

海外ではB・C・Oタイプなど、数種類の形状があります。

そこで日本のプラグを使えるようにする為のものが「変換プラグ」です。

こちらはCタイプの変換プラグで主にヨーロッパなどはこの形状です。

使い方は簡単で、まず海外のコンセントに挿入します。逆側の挿込口は日本で使われているプラグ形状となっているので、そこに使用したい機器のプラグなどを挿入すれば使う事ができます。

 

「じゃあ変換プラグがあれば使えるんだね?」と思われたかもしれませんがそれだけではダメな場合があります。

というのも海外は日本と電圧が違います。(稀に同じ地域もあります)

日本の電圧は100Vですが、海外は100V~240Vとまちまちです。

仮にプラグが日本と同じだったとしても、そのまま使うと電圧が違うため機器が壊れる恐れがあります。これを日本の機器対応の電圧(100V)に変えるものが「変圧器」です。

・コンセントの形状が違う場合に必要なものは「変換プラグ」
・電圧が違う場合に必要なものは「変圧器」
・両方必要ない場合はそのまま使える

 

2.変圧器は実はもう必要ない?

上記で説明した通り、そもそもコンセント(挿し込み口)の形状が違うのでは、プラグの挿しようが無いので変換プラグが必須という事はご理解してもらえたと思います。

「いやいや、電圧も違うんだから変圧器も必要でしょ?」とツッコまれそうですが、最近ではそうでも無いのです。

 

皆さんのお使いのアダプタやドライヤー、シェーバーなどには対応電圧というものが設定されており、基本それは本体に表記されています。

 

(by:Apple

こちらはApple純正のアダプタですが、Input:100V~240Vと記載があります。

これはつまり100V~240Vの電圧に対応しているという事です。ちなみに100V~240Vに対応している物は現状全ての国の電圧をフォローしているため、全世界対応型と言われています。

という事は渡航先の電圧に、使いたい機器の電圧が対応している物であれば、変圧器を使わずとも使用できるということです。

・渡航先の電圧をまず確認
・使用している機器類の対応電圧を確認
・渡航先の電圧に対応していない機器を使いたい場合は変圧器を用意する

 

3.おすすめの変換プラグ

まず必須の変換プラグからご紹介します。

上記で世界のプラグ形状は数種類あるといいましたが、変換プラグには一つで何種類も対応している物があります。荷物を減らせますし、非常に便利です。

旅行が好きな方やバックパッカーの方にはこちらのマルチタイプを強くおすすめします。

 海外マルチ変換プラグ2USBポート充電器

  • A・BF・C・Oタイプの4種類に対応。ヨーロッパ・アメリカ・イギリス・オーストラリアなど、世界150ケ国以上で使える
  • 計5種類のプラグを挿しこめる仕様で海外の電化製品にも対応
  • USBポートを2つ搭載
  • 素材は耐火性のある樹脂を使用していて安全面も〇
  • マルチタイプの変換プラグにしてはリーズナブル

お値段のわりにしっかりして、主要な4タイプに対応しているのは使い勝手が良いです。

サイズもコンパクトで、付属の収納袋もあるので持ち運びも便利です。

「どれがいいかな~?」と迷われている方や、最初の1つ目を検討中という方にも、まずはコレ!とおすすめしたい商品です。

 

 ROAD WARRIOR 全世界対応 マルチプラグ 

  • 9種類のプラグに対応し、ほぼ全世界で使用可能
  • シリーズ最新型で使い勝手が向上
  • 説明書付き(変形種類が多いので割と重要)
  • これ一つで渡航してもまず大丈夫という安心感

人気のシリーズで、実際に僕も使っています。

以前の物は形状によっては少しプラグの挿し込み具合が甘いものがあったりし、寝て起きたらプラグが外れてる!なんて経験もありました。(僕が寝相でパンチしている可能性もありますが・・・)

が、こちらはそういった部分も改良を重ねて解消されており、今の物は本当に隙のない作りになっています。

お値段は現状2000円オーバーとお安くはないものの、ブラジルのCBタイプに対応している物はそう多くなく、逆にこれ1つを買ってしまえばもう変換プラグを買い足す必要はなくなる、と考えればお安く済むのではないでしょうか?

色々な国に旅行に行きたいという方やバックパッカーの方など、海外に渡航頻度が多い方に特におすすめです

 

 補足:単一変換プラグ

単一変換プラグのメリットは1個あたりのお値段は最安という事です。

だいたい200円~500円程で販売されています。

特定の場所にしか行かないという方や会社の出張や留学に、というような方には単一でも問題ありませんが、これから色々な国に旅行に行くかもしれないと考えている方にはやはりおすすめしません。

結果的にプラグを買い足して荷物が多くなったり、無くしてしまうリスクも増えます。

迷ったらマルチタイプがやはりおすすめです!

 

4.おすすめの変圧器

もったいぶって申し訳ないのですが、僕のおすすめは変圧器を使わないという事です。

「は??」という声が聞こえてきそうですが、、ちゃんと理由があります!

 

パッとお手元の機器の対応電圧を確認してもらってもわかる通り、今は世界対応機器がかなり増えています。

対応していないものがあるとすれば恐らく、ドライヤーや炊飯器、ポット(ケトル)などだと思います。

 

僕の体験談ですが、ドライヤーと変圧器(Amazonで4000円程で購入)を持って海外に行ったことがあります。

ホテルでお風呂あがりに変圧器を使ってドライヤーをON!にしたところ温風がでません。。。使い方は決して間違っていません。

理由は変圧器がショボく、ドライヤーに必要なワット数を出すことができなかったためです。

僕の使っていたドライヤーの必要ワット数は1200Wで、ドライヤーの様に熱を発する機器を満足に使用するためにはそれ以上のワット数が出せる変圧器を用意しなければなりません。大きい容量の変圧器はサイズも重量も大きく、お値段も高額です。

(by:Amazon.co.jp)

こちらはカシムラ海外国内用型変圧器1500Wタイプです。お値段は執筆時点で23400円となっています。

どうしても必要であればこういったものを購入しても良いかと思いますが、海外対応の電化製品を購入した方が安いですし、荷物も減らせます。

変圧器の購入を考える方は恐らく、海外旅行や海外出張などに多く行かれる方だと思います。

意識的に必要なものを海外対応の電化製品に買い揃えていく方が結果的にコスパもよく、変圧器を用意せずに使用できると思います。

・変圧器の必要のない物(海外対応機器)を揃えると楽
・変圧器を購入するくらいなら海外対応機器を購入する
・これしかどうしても使いたくねぇ!という場合のみ変圧器を用意する

 

5.まとめ

  • 変換プラグは必須
  • 変換プラグはマルチタイプが超おすすめ
  • 手持ちの機器の対応電圧をしっかり確認する
  • 変圧器をできるだけ買わないで済むように工夫する

少しややこしい部分もありますが、要点を理解すれば難しいことはありません。

渡航先の電圧・プラグをしっかり確認して、安全に機器を使用してください!

コメント